離婚届についてに関するご相談はアーチ日本橋法律事務所(東京/中央区)。

初回30分無料 : 03 - 6265 - 1535

営業日 月〜金曜日 営業時間 10:00~18:00

※事前予約で時間外・土日祝日も対応可能

お問い合わせ

離婚届について

アーチ日本橋法律事務所(東京/中央区)では離婚届についてに関するお悩みに対応しております。

離婚届について

実際に離婚届を提出するにあたって「どんなところに注意して記入するべきか?」「必要な添付書類はなにか?」についてご紹介します。

離婚届の書き方には、決められた書式があります。
■届出の日付
離婚届を提出する日付を記入します。届出が受理された日が、法律上、離婚した日になります。
また、調停、審判、判決離婚の場合は、確定の日から10日以内に
提出しなければなりません。

■届出先
夫婦の本籍地の市区町村長宛に届出します。本籍地に届出できないときは、必ず戸籍謄本が必要です。

■氏名、生年月日
氏名は婚姻中の姓で、夫婦それぞれが署名し、生年月日も記入します。

■住所
住民登録をしているところの住所と、世帯主の氏名を記入します。

■本籍
夫婦の本籍地と戸籍筆頭者の氏名を記入します。(戸籍筆頭者とは、戸籍の一番はじめに記載されている人)
本籍は、住所と違う場合がありますので、戸籍簿で確認しておきましょう。
ただし、外国籍の人は国籍だけの記入になります。

■父母の氏名
夫婦それぞれの父母の氏名を書き入れます。父母が婚姻中のとき、母の姓は不要で、名だけを記入します。なお、養父母の場合は、同じ書き方で離婚届の”その他”の欄に記入します。

■続柄
父母との関係を、長男、二男、三男・・・、長女、二女、三女・・・で記入します。


■離婚の種別
どのような方法で離婚したのか、チェック印を入れます。調停、審判、判決離婚の場合は、それが成立あるいは、確定した日付も記入します。

■婚姻前の氏にもどる者の本籍
該当するところにチェック印を入れて、その人の本籍も記入します。ただし、離婚後も婚姻中の姓を名のる場合、この欄は空白にして、離婚の際に称していた氏を称する届を提出しなければなりません。

■未成年者の子の氏名
   未成年者の子がいる場合は、養育する親権者を決めて、その子の氏名を■記入します。どちらが親権者か決まっていない場合は、離婚届は■受理されません。

■別居する前の世帯のおもな仕事
その世帯の主な収入源となる仕事を、6つの分類の中から、あてはまるものにチェック印を入れます。

■夫婦の職業
国勢調査のある年の4月1日から翌年の3月31日までに、離婚届を提出するときだけ、それぞれの職業を記入します。

■その他
   父母が養父母の場合、ここに記入します。父母の氏名と、同様の書き方で記入します。

■届出人
夫婦それぞれが自筆で署名、押印します。ただし、印は別々のものを使います。(認印でOKです)

アーチ日本橋法律事務所が提供する事例・相談内容

  • 調停離婚

    調停離婚
    離婚する人の9%は調停離婚です。
  • 離婚後の再婚

    離婚後の再婚
    再婚する場合には再婚禁止期間に留意してください。 再婚をする場合、男性は離婚後すぐに...
  • 渋谷区における離婚届・...

    渋谷区における離婚届・離婚手続き
    渋谷区における離婚届・離婚手続きについてご紹介します。
  • 台東区における離婚届・...

    台東区における離婚届・離婚手続き
    台東区における離婚届・離婚手続きについてご紹介します。
  • 生活費

    生活費
    生活費は、「生計費」や「家計費」とも呼ばれ、日常生活を維持するのに必要な費用(コスト...
  • 離婚届について

    離婚届について
    実際に離婚届を提出するにあたって「どんなところに注意して記入するべきか?」「必要な添...
  • 慰謝料について

    慰謝料について
    離婚の際の「慰謝料」とは,離婚によって被る精神的苦痛に対して支払われるお金のことです...
  • 財産分与について

    財産分与について
    離婚する際には、それまで夫婦で築き上げてきた財産や所有物をそれぞれに分けなければなり...
  • 文京区における離婚届・...

    文京区における離婚届・離婚手続き
    文京区における離婚届・離婚手続きについてご紹介します。
離婚届についてに関するお悩みに対応しております。|アーチ日本橋法律事務所(東京/中央区)
離婚届について等の相続相談はお任せください。|アーチ日本橋法律事務所(東京/中央区)